前へ
次へ

中学時代の恩師のおかげで弁護士になることができた

私が法律に関心を持ったきっかけは中学時代の恩師が法律について詳しくて色々なことを教えてくれたからなのですが、それでも始めは難しいことを言う先生だと少し引いていました。
その先生は法律の大切さについて説明すると共に民法や刑法に関して細かく教えてくれたのですが、流石に中学の時は何を言っているのかよく分からないことが多かったです。
しかし高校に入って色々な情報に接して行くうちに中学時代の恩師の言っていたことが段々と分かって来たので、もっと詳しく法律を勉強したいと思い大学は法学部に入る決心をしました。
そして法学部に入って4年間思いっきり勉強したのですが、それでも難しいことが沢山あり途中で嫌になってしまったこともありました。
そんな時には中学時代の恩師に電話をして愚痴を聞いてもらい励まされ何とか勉強を続けることが出来たのですが、そのおかげで無事に司法試験を突破して今では弁護士として活動しています。
ですから弁護士になることが出来たのは中学時代の恩師のおかげなので今でも大変感謝しており、事あるごとに電話をして話を聞いて困ったことがあったらもちろん無料で相談に乗っています。

Page Top