前へ
次へ

法律面ら見たWeb通販について

Webページを通して企業が消費者に対して商品販売を行うことは、定義上は通販に該当する商取引となります。
従ってその取引の在り方については、特定商取引法の定めに従う必要があります。
これに関連して、2016年頃からWeb通販に絡んだ特定商取引法に関する相談件数が急増しており、消費者行政の関連機関がその動向を注視しています。
その理由はWeb通販の場合、広告等からランディングページに遷移して購入に至るという流れが構築されている点にあります。
購入の流れとしてはスムースなのですが、問題は特定商取引に関する告知事項が別のページに記載されていて、その内容の理解を消費者側に促されないままに購入に至り易いという点にあります。
代表的な相談事例としては、お試しのつもりが定期購入の契約になっていた等といった、契約内容に関する齟齬に該当するものが挙げられます。
消費者側の対策としては該当する事項の記載ページを必ず確認し、もし該当ページが無いケースは法律違反であることから購入を控える事が重要です。
また企業側にも、より明確な必要事項の提示が望まれます。

Page Top