前へ
次へ

意外と知らない交通事故に関する法律

交通事故は毎日どこかで発生しています。
ですが、実際に事故のご経験がある方以外は、他人事だと考えている方が圧倒的に多いと思います。
実際に事故が発生したとき、法律上で加害者がどのような罪に問われるのかを簡単にご説明したいと思います。
事故が発生したとき、法律上重要となるのが、怪我人がいるのか、それとも車の傷などの物的損害のみなのか、ということです。
怪我人がいた場合、加害者には刑事処分が課されます。
刑事処分とは、刑法、道路交通法、そして「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」で定められている、罰金や懲役、または禁錮のことです。
ほとんどの場合は罰金刑で終わりますが、被害者に大怪我を負わせてしまった、死亡させてしまった、という場合には、それ以上の刑が科される可能性が出てきます。
さらに、加害者がスピード超過や飲酒などの危険な運転をしていた場合や、被害者を助けず逃走する、といった緊急措置義務違反の場合は、さらに厳しい処分が課されます。
加害者は警察の取り調べ、検察の事実確認を経て、起訴されるか、不起訴となるかが決定します。
起訴されると前科がついてしまいますが、不起訴になると前科はつきません。
事故の状況、加害者の態度などを総合的に判断して、検察が加害者の処分を決めるのです。

Page Top