前へ
次へ

自転車に課せられた新しい法律の遵守度合い

市区町村によって導入のタイミングは違いますが、自転車に乗る人に対して自転車保険への加入を義務付けるところが増えています。
猛スピードで歩道を走る自転車に衝突され、ケガをしたり、最悪の場合死に至る人が続出しているためです。
ぶつかられた人を救済するという意味もありますが、自転車保険への加入は、加害者をも救うことになります。
それというのも、結果的に相手の命を奪ってしまった場合、数千万円単位の賠償責任を負うことになるからです。
保険に入っていなければ、とても賠償責任を果たすことはできません。
こうした自転車に対する法律が厳しくなっていくのは、気楽に乗れる乗り物というイメージだった自転車に対する考え方を変えるきっかけとなり、むしろいいことだといえます。
自転車は軽車両であり、歩道は常に歩行者優先で走らなければならないことや、飲酒運転などもってのほかといったことを、自転車保険加入時に勉強しなければならないように義務づければ、もっと自転車による事故を減らすことができると考えられます。

Page Top